スルガ銀行「不正融資」の謎

April 23, 2018

一連のシェアハウス等の物件(1棟アパートも含む)へのスルガ銀行の不正融資について、次から次へと新たな事実が明るみになってきているが、それでも分からなかった事がある。

 

それは何故、スルガ銀行は異常なまでに値が吊り上げられた物件に対し、個人相手に億単位の金額を融資したのかという事だ。

 

つまり、その動機である。

 

スマートデイズのやり方ではいずれ破綻する。それはガヤルド、サクトの例をみれば明らか。

 

サブリース破綻後にオーナーが頑張って運営しても、実勢価格の倍近くで売買された物件では長くは続かない。

 

遅かれ早かれ破産になる。

 

そんな事は、銀行員なら予測できたし、詐欺に加担していた銀行は最初から分かっていた。

 

何故、そんな危険な物件に融資したのか?

 

①成績を上げるためか? 

②ノルマを達成するためか? 

③何らかの形で銀行員にキックバックがあったか?

④???

 

上記3つはあったと思われる。

いずれにしても、債務者が破産してしまえば、銀行に損害を与え、ひいては預金者や株主にマイナスの影響を与えることになる。

 

それがわかっていながら何故融資を続けたのだろうか? 

 

融資を通す為なのだろう、私の通帳も改ざんされていた。

2500万円もの謎の金が振り込まれ、引き出されていた。

 

私だけでない、ほとんどのオーナーは通帳を偽装されていた。

 

報道にあるような通帳の原本確認を怠った「ずさんな融資」ではなく、最初から「偽造を知っての融資」だったと確信している。

 

これは「不正な過剰融資」だ。

 

今回の被害者が、属性が高いサラリーマン等だけに集中しているのは何故か?

 

属性が高いといっても、億単位の借金はサブリース保証がないと返せない、収益性に問題のある物件であった。

 

それくらい貸す側もわかっている。では、スマートデイズが破綻した後は、資産があれば身ぐるみ剥がすつもりだったのか。

 

「普通の考え」なら、身ぐるみ剥がしても、借金の全てをカバーする事は厳しい。

 

となると、銀行は損をする。損失を知りながら、偽装された残高を根拠に融資したのであれば、立派な罪である。

 

「普通の考え」なら、700人もの被害者がいるのだから、担当者以外でも気づいていただろう。だから金融庁が入った。

 

役員の関与が疑われると。

 

行員のだれか「ヤバイぞ」と言わなかったのだろうか。

実に不可解な銀行である。

 

いや、違う。

 

「普通の考え」を持った銀行ではなかったと

 

以下はある被害者が銀行から提示された金利見直し案である。

 

金利1.8%、半年後見直し、30年間利息支払いのみ、元本を30年後に一括返済。

 

テールヘビーなどとは言えないとんでもない人殺しの提案。

30年後に土地建物不動産売却し、残債は本人が被る事になる。

30年後の土地建物価格となると、土地は不明、建物は0円に等しい。

30年間利息だけを吸い取られて、老後に数千万円の借金だけが残る地獄の提案。

 

この状況下で出してきたスルガ銀行が出してきた提案。

 

スルガ銀行は「普通の考え」を持った銀行ではなかった。

 

このスキームが破綻しても、こうやって汁を吸い続ける事を最初からやろうと思っていた。

 

なので④の???は最初から「破産させないで、最後まで高い利息だけ取る計画だった。」と思う。

 

だから高属性のサラリーマン等だけを狙った。我々はまんまと銀行にはめれらたのだ。

 

30年間スルガ銀行の奴隷なんか真っ平ごめんだ。

 

だから戦う、我々は勝利を勝ち取る時まで!

 

取り戻そう!平穏は日々を!!

 

まだ被害者同盟を知らなかった被害者の方、我々の仲間に入って一緒に戦いましょう!!

 

by ズンダマン

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ