スルガ銀行、シェアハウス所有者の負担軽減策も(日本経済新聞)

スルガ銀行の副社長にSGホールディングス(佐川急便の親会社)取締役から就いた嵯峨行介副社長と有国三知男社長が日本経済新聞のインタビューに応じた。嵯峨氏はシェアハウスの投資トラブルで所有者の負担軽減策を軸に最終解決を急ぐ考えを示した。有国氏は創業家企業への融資450億円が回収できないことに「法的措置も含めて対応する」と述べ、担保権の行使で株式を差し押さえることも視野に「脱創業家」をめざすとした。 詳細は https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47154270Z00C19A7EE9000?s=3 #スマートデイズ #スルガスキーム #スルガ銀事件 #スルガ銀行 #スマートライフ #詐欺事件 #かぼちゃの馬車 #ステップクラウド

【ドキュメント】スルガ銀株主総会 創業家居座りに怒号が飛び交った(NEWS SOCRA)

尾を引くだろう、被害者救済 「ちょっと待った! 有国(三知男社長)さん、あなたは565億円の(損害賠償請求訴訟の)被告だ。なぜ、その席にいるのか!」  スルガ銀行が、26日、午前10時から開いた株主総会は、冒頭から大荒れだった。有国社長が頭を下げた瞬間、前方に陣取った株主が、こう声をあげ、「辞めろ!」「辞めろ!」の大合唱。「それでは、当社株主総会を…」と、開会を宣言する議長役の有国氏の声が、マイクを通じても聞こえない。  動議を申し出るために席を立ち上がる株主や、興奮して議長席に歩み寄ろうとする株主がいて、そのたびにスルガ銀行スタッフや警備員ともみ合いになる。「動議!」「動議!」という声の合間に、「聞こえない。黙れ!」という声も混じる。  怒りの声を上げているのはシェアハウス所有者らが中心。被害弁護団が形成されているが、年収1000万円に満たないサラリーマン層が、平均で1億3000万円の負債を抱えた。今、売却すれば4500万円相当で、にっちもさっちもいかない。  最初は自己責任と諦めていた投資家たちだったが、スルガ銀行が設置した第三者委員会の調査の結果、判明したのは、銀行と販売業者が組んだ「組織的な不正」であったこと。契約書の偽造や書類の改ざんで投資に誘い込み、土地売買や建設の過程で費用を中抜き、結果、約束していた利回りは得られず、破綻は必至の詐欺スキームだった。  女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズが、18年1月、賃料の支払いを停止してから始まったスルガ銀行問題は、1年半が経過しても、まだ先行きが見通せない。  貸出総額

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
タグから検索
スルガ銀行・スマートデイズ被害者同盟

Since  2018 17th Jan  BY SURUGA SMART-DAYS HIGAISYA