検索

融資書類の証拠保全手続き 不正巡り東京地裁 スルガ銀、対応拒否

 スルガ銀行から不正融資を受けたとするアパート・マンション購入者の救済を目指す被害弁護団は20日、東京都内で記者会見し、東京地裁などが融資関連書類の証拠保全手続きを実施したと明らかにした。スルガ銀は対応を拒否したという。


 手続きに同行した弁護団によると、同地裁と静岡地裁沼津支部の裁判官らが17日、沼津市のスルガ銀本店と東京都中央区の東京支店を訪れ、融資に関する稟議(りんぎ)書や物件に関する調査書など13種類の書類の提出を求めた。これに対し、スルガ銀側は提出義務がないなどとして応じなかった。


詳細は以下リンク:

あなたの静岡新聞

https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/948492.html

カテゴリ