30億円が懐に…スルガ銀・岡野会長の悠々自適セレブライフ(niftyニュース)

August 30, 2018

シェアハウス「かぼちゃの馬車」への不正融資問題で大揺れのスルガ銀行。不適切融資は1兆円規模に上るというから驚く。さすがに30年以上トップに君臨してきた岡野光喜会長兼CEOも辞任する方向だ。

 業者の融資資料改ざんに銀行が関与していたのだからトップの辞任は当然だが、この岡野会長、ケタ外れの大金持ちとして知られている。

 岡野会長の自宅は、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から徒歩5分の場所に立つ地上32階建ての高級賃貸マンション。部屋は高層階で、家賃は約150万円というセレブマンションだ。さらに、本店が所在する静岡県沼津市には、岡野会長の“本家”である敷地面積約220坪に立つ豪邸がある。所有者は岡野会長の親族が経営する不動産管理会社だ。

 

(中略)

 

■毎年のように億に近いカネを受け取ったか

 収入も半端じゃない。スルガ銀の有価証券報告書によると、岡野会長の役員報酬は13~17年度で毎年約2億円にも上る。頭取就任時の1985年から06年まではホームページに記録が残っていないが、毎年、億に近いカネを受け取っていても不思議はない。

 さらに、スルガ銀の株式を24万5000株も保有。17年度の年間配当金は21円だから、年約515万円の配当金を得ていたことになる。もろもろの収入を合算すると、頭取就任以降、推計30億円が岡野会長の懐に入った可能性があるのだ。岡野会長の役員報酬や退職金についてスルガ銀行に問い合わせたが「辞任の事実自体、会社として把握していないのでコメントできない」と回答を避けた。

 

詳細は(niftyニュース)

https://news.nifty.com/article/economy/industry/12136-079568/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ