検索

シェアハウス被害は30~50代会社員が大半 公務員も(朝日新聞DIGITAL)


スルガ銀行のシェアハウス融資問題で、多額の借金返済に苦しむ物件オーナーの被害弁護団が29日記者会見し、オーナーの大半は30~50代の会社員だとする調査結果を公表した。借入額は1棟につき平均1・3億円にのぼる。

 オーナー約180人へのアンケートによると、40代が37%と最多で、30代や50代と合わせると計96%だった。職業は78%が会社員で、医師や学校関係者、公務員も複数いた。

 物件はほぼすべてが東京都区内だった。オーナーは全国にまたがり、都内在住が43%と最多だった。購入棟数は過半が1棟で、2棟が58人(34%)、3棟も8人(5%)いた。

詳細は(朝日新聞DIGITAL)

https://www.asahi.com/articles/ASL8Y5JDNL8YULFA01S.html

#スルガ銀行 #スルガスキーム #かぼちゃの馬車 #スマートデイズ #詐欺事件 #ステップクラウド #スマートライフ

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
タグから検索
スルガ銀行・スマートデイズ被害者同盟

Since  2018 17th Jan  BY SURUGA SMART-DAYS HIGAISYA