top of page
検索

スルガ銀、不適切融資1兆円 書類改ざんなど(日本経済新聞)


シェアハウス投資に絡む不正融資を巡り、スルガ銀行の第三者委員会が実施した調査の概要が21日、分かった。審査資料の改ざんなど不適切な行為に基づく融資が1兆円規模にのぼるとした。スルガ銀は第三者委の調査結果を受けて、経営責任の明確化を含めて抜本的な体制刷新を迫られる。

 同行は地銀のなかで突出して高い収益率で知られてきたが、無理を重ねていた実態が改めて浮き彫りになった。

詳細は(日本経済新聞)

Comments


カテゴリ
最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page