スルガ銀行が東京本部ビルを売却(NHK NEWS WEB)

November 6, 2019

スルガ銀行の創業家がかかわるファミリー企業が所有していた、銀行の東京本部が入る都内のビルを、大手不動産会社に売却していたことが分かりました。

売却されたのは、東京・中央区にあるスルガ銀行の東京本部などが入るビルです。
このビルは、スルガ銀行の創業家がかかわるファミリー企業が所有していましたが、10月29日付で不動産大手の三井不動産に対して売却されたということです。
三井不動産は、ビルの活用方法はこれから考えていくとしていますが、スルガ銀行は東京本部を移転する予定はないとしています。
スルガ銀行の創業家は、保有しているスルガ銀行の株式すべてを提携先の家電量販店、ノジマに売却する契約を結び、120年あまりにわたって経営に関与してきた創業家と銀行の資本関係は解消されました。
また、スルガ銀行は、ファミリー企業への融資の全額返済についても合意書を締結していて、こうした不動産の売却などで今年度中に返済が終わる見通しだとしています。

詳細は「NHK NEWS WEB」

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20191101/3030004712.html

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ