スルガ銀が株主総会=企業統治改革案諮る(JIJIドットコム)

June 26, 2019

 スルガ銀行は26日、本店を置く静岡県沼津市で株主総会を開いた。投資用不動産融資の不正問題を踏まえたガバナンス(企業統治)改革として、外部から大手企業幹部を経営陣に招く取締役選任案を提案。監査等委員会設置会社への移行と併せて承認を得たい考えだ。選任案では、佐川急便親会社のSGホールディングスの嵯峨行介取締役らが候補に挙がっている。

 

総会の冒頭、株主の一人が「なぜ、あなたがそこにいるんだ」と有国三知男社長を指弾。有国氏を相手取り、損害賠償を求めて株主代表訴訟を起こした原告とみられ、これをきっかけに「辞めろ」などの怒声が飛び交う中、有国氏の陳謝の言葉はかき消された。物々しい雰囲気に包まれて議事は進行し、有国氏は「コンプライアンス(法令順守)を徹底し、業績回復を図る」と今後の事業方針を説明、理解を求めた。
 スルガ銀にとっては、昨年10月に金融庁から6カ月間の一部業務停止命令を受けてから初の総会。この問題で2019年3月期連結純損益は971億円の赤字に転落し、配当も見送った。株価は問題発覚前と比べ約6分の1の400円前後に低迷しており、株主からは「有国氏がいる限り、株価は上がらない」などと、批判が噴出した。

 

詳細は「JIJIドットコム」

https://www.jiji.com/sp/article?k=2019062600165&g=eco

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ