スルガ銀行 不正の構図 「93歳まで頭取」スルガ銀行創業者の強烈な個性(毎日新聞)

January 27, 2019

スルガ銀行のルーツ(1)

 シェアハウス向け不正融資が多発した地銀、スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)は、創業家・岡野一族による長年の経営支配が不正の根本にあるとして「創業家からの脱却」を掲げた。創業家のゆがんだ銀行支配はいつ、どのように進んでいったのか、スルガ銀行の歴史を振り返る。

  • <創業家企業支えたスルガ銀「高収益・高株価」の終わり>

  • <スルガ銀の調査委が創業家の特別背任を否認した理由>

 スルガ銀行のルーツは、1887(明治20)年、静岡県駿東郡愛鷹村(現沼津市)の篤農家、岡野喜太郎が設立した貯蓄組合にある。その組織が1895年、銀行条例に基づく「根方(ねがた)銀行」に改組され、喜太郎が初代頭取になった。

 喜太郎は、シェアハウス問題で2018年に引責辞任した岡野光喜・前スルガ銀行会長の曽祖父にあたる。弱…

 

詳細は「毎日新聞経済プレミア」

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20190124/biz/00m/020/006000c

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ