スルガ銀、赤字985億円 焦げ付き懸念影響 9月中間(朝日新聞デジタル)

November 15, 2018

 シェアハウス融資で多数の不正があったスルガ銀行(静岡県沼津市)が14日、2018年9月中間決算を発表し、純損失が985億円(前年同期は211億円の純利益)と大幅な赤字に転落した。不動産融資のほか創業家のファミリー企業への不適切融資も焦げ付く懸念が高まり、引当金を大幅に積み増した。

 

詳細は「朝日新聞デジタル」

https://www.asahi.com/articles/DA3S13769152.html

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ