同盟メンバーでまだ弁護団に委任していない方へ

May 3, 2018

- バッファローの群れとライオンの話 -

 

 

私たち一人一人が「バッファロー」とする。

 

弁護団に入る事で初めて、「一頭のバッファロー」が「バッファローの群れ」となる。

 

「群れる」事で、初めて天敵のライオンと戦う事ができる。

 

同盟メンバーなのに弁護団に委任していない方は、「一頭のバッファロー」のままだ。

 

「バッファローの群れ」の場所を知っている「一頭のバッファロー」にすぎない。

 

「バッファローの群れ」がライオンを返り討ちにできる事が分かれば、自分もその群れに入りたいと思っているかもしれない。

 

もしかしたら、「バッファローの群れの場所がわからないバッファロー」より安全だと思っているかもしれない。

 

ただ、それはとても危険な状態だ。いつライオンは襲ってくるかわからない。

 

また、いつライオンに勝てるチャンスが巡ってくるか分からない。

 

「一頭のバッファロー」と「バッファローの群れ」は全く違う。

 

得る「情報量」も、自分が助かるために「自分ができる事」も全く違う。

 

これは「群れ」の中にいないとわからない・・・

 

 

スルガ銀行が2018年3月期決算で大幅な損失を計上する方針と、5月3日にNIKKEI.comで報じられた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30121880T00C18A5EE9000/

 

事態は急を要する。

 

その時あなたはどこにいる?

 

群れの中にいるのか?それとも・・・。

 

群れの中に自分がいて、「一人で戦っている人がいる」と考えると、それが自分だとすると恐ろしくなる。

 

 

早く弁護団に委任して共に戦う決断を

 

 

最後にバッファローにとってライオンは天敵だが、返り討ちにして殺す事もある。

 

我々はライオンを殺す為に全力で戦う。

 

あなたも今こそ武器を手に取って戦え!

 

 

 

by にゃん太郎

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリ
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ