!!緊急告知!!!

スマートデイズ(旧スマートライフ)の"かぼちゃの馬車"

並びにステップクラウドに入居されている方へ

シェアハウスの管理運営を行っていた㈱スマートデイズが東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。

 これは入居者の方にとってどんな意味があるのか?

スマートデイズが、民事再生、破産いずれの場合も、みなさんが入居者されているシェアハウスの電気、ガス、水道などが止められてしまう可能性があります(スマートデイズの民事再生の説明にも書かれています)。
 

私たちSS被害者同盟の構成員は、もちろん全員がシェアハウスのオーナーであり、そのほとんどは、スマートデイズから管理を引き継ぎ、自主管理または新しい管理会社で安心した運営を行っています。私たちが管理を切り替えたのは、破綻したスマートデイズから自己物件を取り返すということだけでなく、入居者のみなさんの不安を解消したい、という思いからです。

入居者のみなさんは、スマートデイズから、十分な説明を受けてますか?

そもそも論で、基本の話をここで少しさせて下さい。 スマートデイズ(当時はスマートライフ)が、かぼちゃの馬車シリーズの管理運営を始めた時は、

 *  上京するにあたり、初期の資金をかけれない
 *  派遣社員の場合、頻繁に勤務先が変わるが、住居を変えるのは難しい
 *  採用する企業側としても住居の確保をしたい

このような問題を解決するために、次にあげるコンセプトで運用される予定でした。

 *  敷金、礼金が必要ない
 *  都内主要駅(新宿、渋谷、品川、東京など)に15-20分で行ける距離に多くの物件を持ち、

  物件間での移動を自由として入居者の利便性の向上を図る
 *  採用企業からの家賃補助や、人材紹介を行う。

 

しかしながら、実態はそのコンセプトに全く追いついていない、それどころか、その実態はなきに等しいものでした。私たちは、このコンセプトに魅力を感じ、社会貢献という位置づけでシェアハウス運営に乗り出した人が非常に多いのです。
ライフラインが止まってしまうという危機に対し、私たちが今出来ることをする。それが、私たちが魅力を感じた社会貢献に少しでも近づけるのではないか、と考えました。

 

そこで、私たちが現在正常に運営している物件をご紹介します。現在不安を感じ、転居を考えている方々に4月~5月分の家賃を大家負担でご提案いたします。下記フォームに現在お住まいの物件や居住希望の情報を入れご相談ください。

 私たちは、都内で頑張っいる皆さま方を応援したいと思っています。

ライフラインの危機は回避されたので、救済施策は終了いたしました。
しかし、その後も居住者様の家賃値上げ、不当な解約手続き等のご相談は続いておりますので、相談窓口として、本ページは残しております。物件をご紹介するものではありませんが、ご相談がある方はご連絡ください。

★下記フォームよりお問い合わせください!

arrow&v

その他希望事項

お使いの 携帯電話の迷惑メール設定によりブロックされてしまう可能性高いため、次の 2 点について設定をご確認ください。
■ドメイン指定受信設定 送信元のドメイン(ss-higai-doumei.org 及びss-higai-doumei.site)を、受信許可リストに追加して下さい。
■URL 付きメール拒否解除 本文に URL が含まれているメールを受け取れるようにして下さい。

 

もし、ご連絡が入らない場合は上記の可能性があります。その場合はお手数ですが再度ご連絡頂けたらと思います。

スルガ銀行・スマートデイズ被害者同盟

Since  2018 17th Jan  BY SURUGA SMART-DAYS HIGAISYA