「それなら死んでみろ」… スルガ銀不正融資、報告書に書かれた壮絶パワハラ(産経ニュース)


「ビルから飛び降りろ」「死んでみろ」-。シェアハウス投資に絡むスルガ銀行(静岡)の不正融資問題。今月7日に公表された第三者委員会の調査報告書には、不穏な文字が躍っていた。第三者委は行員へのアンケートを基にスルガ銀内で行われていた融資目標達成を迫るパワーハラスメントの実態を詳述し、不正融資の土壌を作り出したとの見方を示した。融資の妥当性をチェックする審査部門にも圧力がかかり、「地銀の優等生」とも言われたスルガ銀は不正に突き進んだ。

人格否定のパワハラ

 「数字ができないならビルから飛び降りろと叱責された」

 「死んでもがんばりますに対し、それなら死んでみろと叱責された」

 「支店の社員の前で給与額を言われ、それに見合っていないといわれた」

 「怒鳴り散らされる、いすを蹴られる、天然パーマを怒られる、1カ月間無視される」

 「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、おまえの家族皆殺しにしてやるといわれた」

 第三者委の報告書で示された行員へのアンケートでは、こうした悲痛ともいえる回答が並ぶ。

詳細は(産経ニュース)

http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180002-n1.html

#スルガ銀行 #かぼちゃの馬車 #詐欺事件 #スマートデイズ #ステップクラウド #スルガスキーム #スマートライフ

スルガ銀行・スマートデイズ被害者同盟

Since  2018 17th Jan  BY SURUGA SMART-DAYS HIGAISYA