スマートデイズ 経営破綻後、初の債権者集会(テレ朝ニュース)


シェアハウスの運営会社「スマートデイズ」が経営破綻してから初めての債権者集会が開かれ、ずさんな経営の実態が浮き彫りになりました。  債権者:「こんな大事な情報がやっと出てきました。何よりも真相解明につながって我々の家庭と命を守ることになるんですよ」  スマートデイズは、シェアハウスへの投資を募っていましたが経営破綻したため、多くのオーナーが多額の借金を抱えています。破綻後、初めて開かれた債権者集会には約200人が出席しました。管財人によりますと、スマートデイズは入居者が集まらないなか、オーナーへの賃料支払いが1年で36億円の赤字となる自転車操業を続けていたということです。被害者はローンの大半を貸し出したスルガ銀行に代物弁済を求めていて、不正融資に関わる重要な情報についてさらに開示するよう管財人に求める方針です。

詳細は「テレ朝ニュース」

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000148052.html

#スルガスキーム #スルガ銀行 #スマートデイズ #かぼちゃの馬車 #詐欺事件 #ステップクラウド #スマートライフ

最新記事

すべて表示

スルガ銀行が東京本部ビルを売却(NHK NEWS WEB)

スルガ銀行の創業家がかかわるファミリー企業が所有していた、銀行の東京本部が入る都内のビルを、大手不動産会社に売却していたことが分かりました。 売却されたのは、東京・中央区にあるスルガ銀行の東京本部などが入るビルです。 このビルは、スルガ銀行の創業家がかかわるファミリー企業が所有していましたが、10月29日付で不動産大手の三井不動産に対して売却されたということです。 三井不動産は、ビルの活用

スルガ銀行の筆頭株主にノジマ…同族支配から逃れられるか(日刊ゲンダイ)

「単に経営権が岡野家から野島家に移っただけではないのか」。金融筋の間ではこんな皮肉も漏れる。  投資用不動産向けの巨額不正融資事件に揺れるスルガ銀行は、創業家の岡野家やそのファミリー企業が保有している同行の全株式(議決権ベースで13・52%)を家電量販大手のノジマが29日付で取得したと発表した。創業家ファミリー企業に対する融資433億円についても株式や不動産売却収入を原資として2019年度中に

スルガ銀行・スマートデイズ被害者同盟

Since  2018 17th Jan  BY SURUGA SMART-DAYS HIGAISYA